2011年08月31日

西京銀行の評判

西京銀行の評判についてですが、西京銀行をこれから利用しようと思っている人にとっては、信頼できるのか、評判はどうなのかなど心配になる事が色々とあるともいますから、あらかじめ利用したことがある人の評判や口コミを参考にしておくということはとても役に立つことだと思います。

西京銀行を知らない人、利用したことがないといっている人もとにかくまずは、評判を確認してみるといいでしょう。西京銀行の評判を知りたいという人は身近に利用している人がいれば、その人に聞いてみるというのが一番ではありますが、なかなか身近に利用している人がいないとか、いたとしてもお金に関することだけになかなか聞きづらいという人もいるでしょう。

その場合はインターネットで調べてみるのがとても便利です。インターネットでなら西京銀行の評判など喪手軽に見ることが出来ますからとても便利なのです。

まだ一度も利用したことがない人にとっては、審査の通りやすさや店員の対応など色々と知りたいことが山ほどあると思いますから、まずは西京銀行の評判をチェックした上で自分で利用するかどうかを検討してみるといいかもしれませんね。評判や口コミは個人の意見ですが参考にはなると思います。

定期預金

西京銀行の定期預金はスーパー定期預金というサービスを提供しています。1000万円までの余裕資金の運用にとても最適な定期預金商品です。300万円以上まとまって預けることが出来れば、金利設定がかなり有利になるという特徴もあります。

金利の情勢によって残ったお金に応じて金利差が発生していきます。利用することができる人は個人だけでなく法人喪可能で期間は3年以上複利型を選ぶ場合には個人だけになります。預け入れの金額は100円以上1年単位となっています。機関は提携方式と期日方式によっても違っていますが、定型方式は、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年から10年の1年単位となっています。期日指定方式では1ヶ月以上10年未満となっています。

適用される金利については預け入れ金額が300万円未満と300万円以上の二つの金利設定がありますから、預け入れをした際の店頭表示金利の利率が満期になるまでずっと適応するという仕組みです。個人で預け入れをしている場合に、3年以上の複利型なら一部解約も可能です。

利払い頻度ですが、こちらは預け入れ期間が2年未満の場合に、満期日以後に一括して支払われる形です。2年ものや3年以上の単利型になると預け入れた日から満期の日の1年目の前の応答日まで、預け入れの日の1年後との応答日に中間利払い利率が分割で支払われる仕組みです。

西京銀行の支店

西京銀行の支店については、どこにあるのか調べる方法があります。西京銀行の支店を調べたいと思っている人は、西京銀行の店舗の公式ホームページをチェックしてみてください。

こちらに詳しく支店が地域別に掲載されています。山口県に本店がある西京銀行ですが、インターネット支店もあります。こちらはウェブ一丁目視点となっているのですが、ネット銀行です。また支店としてインストアブランチという、平日だけでなく土日祝日も利用することができる支店がショッピングセンター、スーパーにあります。こちらはゆめタウン山口出張所となっていますが、とても便利ですね。

西京銀行の支店やATMを調べたい人はインタネットからとても便利に手軽に調べられますから調べてみるといいでしょう。

山口県以外には、広島地区、九州地区もけいさいされていますから、こちらを見れば、だいたいどこに支店があるのかが一目でわかります。

西京銀行に行って見たいと思っても、支店がどこにあるのかわからなければ、行く事ができませんが、これなら本当に手軽に調べられますから、どこに自分の近くの西京銀行があるのかわかって便利です。これから利用する人はまずはウェブをチェックしてみるといいでしょう。

住宅ローン

西京銀行の住宅ローンはその商品の名前をさいきょう超住宅ローンという名前で出しています。利用することができる人は、すべての条件を満たしている人しか利用できませんので注意しましょう。まず、個人信用情報に問題がない人、申込みをする際の年齢が満20歳以上で安定した職についていて収入がある人、所定の審査基準をクリアすることができる人、西京銀行営業区内に務めているか住んでいるということが条件になっています。

これらすべての条件をクリアしなければ住宅ローンを借りることが出来ません。使い道についてですが、土地や建物の購入として、マンションや中古の住宅を購入する際に使えます。住宅の新築や増築、リフォームなどが目的、土地の購入、自己使用のセカンドハウスや家族居住に使うことが出来ま

す。借り入れ上限金額は5000万円以内で10万円単位と鳴っています。

西京銀行の住宅ローンは借り入れ期間が35年以内で1年単位となっています。返済方法は、元利金等毎月返済で、ボーナス返済をするのなら、借入額の50パーセント以内となっています。

担保は抵当権を設定されます。保証人は原則不要ではありますが、審査によっては、法定相続人1人が場合によっては必要になる事もあります。

振込手数料

西京銀行の振込手数料についてここではみていきたいと思います。まず当行あて、つまり西京銀行の別の相手宛の場合のATMでの振込手数料ですが、3万円未満の場合には、105円、そして3万円以上の場合には315円となっています。

そして西京銀行から他行宛のATMでの振込手数料についてですが、こちらは、3万円未満が420円、そして3万円以上が630円となっています。ATMからの振込みはキャッシュカードの取り扱いや他のキャッシュカードも可能です。

ですが、キャッシュカードで振込、振込予約をした場合には振込手数料とは別に所定の利用手数料が必要になりますが、これは引き出す際の話で西京銀行以外のキャッシュカードを利用した場合になりますので、西京銀行のキャッシュカードで時間内なら大丈夫です。

西京銀行のATMでの振込手数料に関して詳しいことをもっと知りたいという人は、西京銀行の公式サイトをチェックしてみるといいでしょう。こちらでなら詳しいことがわかると思いますし、とてもわかりやすいですから、他行宛に振込みをするという場合でも、同じ西京銀行同士の場合でもいくら振込手数料が必要なのか明確にわかるでしょう。まだ知らないという人は一度チェックしてみるといいですしATMにも記載はあります。

西京銀行のATMは

西京銀行のATMはどこにあるのか知りたい、そう思っている人も多いのではないでしょうか。調べる方法はいろいろとありますが、まずは西京銀行ATMネットワークを見てみましょう。これは公式サイトのATMのご案内のところから見ることができるのですが、とても便利です。

AMTは山口県内以外にも広島と九州にありますからあらかじめチェックしえておくといいでしょう。ちなみに1日あたりのATMの引き出し可能限度額は合算で200万円となっています。1取引あたりの利用限度額はキャッシュカードを持っている人は100万円、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを利用している人は99万9千円、そして他のキャッシュカードを利用しているという人は、99万9千円までとなっています。ATMによって利用できる時間や利用できる手数料なども違ってきますから注意しましょう。

西京銀行は提携しているATMがあります。セブン銀行と提携していますから、セブンイレブンの銀行ATMでも西京銀行のキャッシュカードは利用可能です。他にもイオン銀行とも提携していますから、イオングループのショッピングセンターに設置されているATMも利用すること画できます。それ以外の提携している金融機関でも西京銀行のキャッシュカードは使えます。

無担保ローン

西京銀行の無担保ローンについてですが、保証人も担保も必要ないローンとなっています。利用目的も自由ですから自分の好きに利用することができます。

申し込む際には、ネットか電話で連絡をするだけですからとても手軽です。貸し付け条件ですが、資金使途は自由です。事業性資金には利用できないのでその点だけは注意しましょう。実質年率は1年間に15パーセントと18パーセントとなっています。借り入れはとても便利なインターネットを使えば、24時間365日申し込むことが可能です。

インターネットからなら思い立ったときにすぐに申し込むことが出来ていいかもしれませんね。電話で申込みをするという場合には、平日9時から18時に受付をしてもらえますから電話をかけてみましょう。例えばですが、どれくらい借りると利息がどれくらい付くのか、それを見ていきましょう。

利用金額が10万円だった場合に、金利が18パーセントでそれを365日で割って、そして利用日数をかけると、1ヶ月借り入れたとしたら1479円という値段の利息が付くことに鳴ります。返済方法については西京銀行指定の口座に振り込む形です。必要書類として、収入を証明できるものと本人を証明できるものが必要ですから用意しておきましょう。

不動産担保ローン

西京銀行には不動産担保ローンがあります。利用することができる人は、すべての条件をクリアしている人で泣ければいけません。その上で保証会社の保証を受けられる人というのが条件です。申込み時の年齢は満20歳以上で満70歳未満の人、そして完済時には満81歳以下の人、安定して継続した収入が見込める人という条件が付いています。

融資してもらえる金額についてですが、100万円以上1億円以内となっていますが、保証会社の保証額の範囲内になります。使い道は自由なのでなんにでも使うことが可能ではありますが、事業性資金には使えませんからその点だけは把握しておきましょう。

融資期間は1年以上20年以内となっています。補償委託期間は1年以上5根に無い出保証会社の審査によって変わります。返済方法は元利金等低額返済でボーナス返済との併用は出来ないので注意しましょう。担保についてですが、西京銀行を原則第一順位の担保権者として普通抵当権を設定することになりますが、設定順位は場合によっては相談に応じるとのことです。

連帯保証人は普通は必要ありませんが、担保提供者や所得合算者などは必要になる事もありますから、西京銀行に相談してみてください。使い道の自由な西京銀行の不動産担保ローンです。